人生わりかし後悔しています。

中学校のこと、高校のこと、中高一貫校のこと、大学のこと、大学受験のことなどの覚書をこのブログにまとめました。オススメの勉強法や私自身の失敗談なども掲載する予定です。

スポンサーリンク


苦手を伸ばさせる日本の教育は苦行

ない才能を伸ばさなければならないのか?

 

「100点はそれ以上にならないから、それ以上勉強する意味はない。」


高校のとき、先生に言われました。これはある意味正解です。あなたが苦手科目を伸ばすのに使う労力は、得意科目を伸ばすのに使う労力よりも小さいからです。なぜそうなるのでしょうか? 単純に考えましょう。あなたが得意科目で98点をとった場合、残りの2点はきっとケアレスミスか、ものすごく難しい問題です。でも、苦手科目で30点をとった場合、残りの70点のうちの多くはあなたが理解していない基礎的な問題です。少し頑張れば点が伸びるというのが、先生の意図していたことでしょう。


でも、これは間違いです。なぜなら、テストのレベルを変えれば100点ではなくなるからです。東大の入試問題、あるいはTOEICTOEFLやIELTSに挑戦してみれば、無力な自分に気づくでしょう。そこで仮に30点(それぞれ実際の配点は違いますが)しか取れなかったら、苦手科目と同じ状況になるはずです。もし、無力な自分に気づかずに定期テストの100点に満足していたら、こうした上級のテストに太刀打ちできなくなります。言い換えれば、100点は限界ではないのです。

 

平均的な人間を育てる教育

日本の中等教育が行なっているのは、平均的な人間を育てる教育です。文系・理系に分かれても、その中で平均的な人間を育てようとします。生徒を定期テストという秤(はかり)に掛けて、重さをはかります。その秤は0から100までしか測れませんし、重さに関係のないステータス(色や形、細部のディテール)は測ってくれません。だから、どんなに歴史オタクであっても、どんなに難しい証明問題が解けても、定期テストには反映されません。「私は江戸時代が好きなんだ」と言っても、「江戸時代はもう満点だから、これ以上勉強する必要はない」と言われるかもしれません。このように、学校教育、特に進学校の学校教育には得意を伸ばすことは期待しないほうがいいです。

 

同じ土俵で戦うということ

定期テストは人を同じ土俵の上で戦わせます。漢字が得意な人も、微分積分が得意な人も、経済が得意な人も、みんな国語、数学、公民(政治経済)という土俵に上げられて、平均的な選手として戦わされます。そして、スコア化されます。ある分野がどんなに秀でていても,
それ以外がダメであれば、その人はダメな生徒です。どの分野もそこそこできて60点をとった人と、ある分野だけ完璧にできて25点をとった人では、60点をとった人の方が優秀です。そのテストが返却された後、25点をとったダメな人は補習授業を受けさせられるでしょう。


極端な話、才能を持っている優秀なはずの人が補習授業を受けさせられて才能を否定されるという状況が発生しうるのが今の教育です。もちろん、苦手な分野の勉強を強制された人たちはだんだん勉強が嫌になっていくでしょう。学力を総合的に数値化するよりも、優れた部分を積極的に認めていった方が人は伸びるのではないでしょうか?

 

苦手はどうするのか?

 

世界で一番たいせつなあなたへ

世界で一番たいせつなあなたへ

 

 

そもそも、私がこの話を書こうとしたきっかけは、この本に載っていたマザー・テレサの言葉です。

 

わたしにできないことが、
あなたにはできます。
あなたにできないことが、
わたしにはできます。
力を合わせれば、きっと
すばらしいことができるでしょう。

片柳弘史(文)、RIE(絵)『世界で一番たいせつなあなたへ マザー・テレサからの贈り物』PHP研究所、2015年、ページ記載なし。

 


私たちは無理に苦手を伸ばすべきではなく、自分の才能を活かして、他の人と補い合いながら「すばらしいこと」をすべきです。たしかに、定期テストは我々に「数学ができない」「関係代名詞がわからない」「古文ができない」という現実を突きつけてきます。でも、だからと言って、神様から与えられた大事な才能を無駄にしてしまっては、生きる意味などないのではないでしょうか?


苦手を伸ばすために得意なことを伸ばすのをやめてしまうのはとても悲しいことです。それこそ得意なこと、苦手なことを誰かと教えあいながら、ゆっくり着実に成長していくことが大切なのではないでしょうか? 学力を測り、競い合うことも必要ですが、楽しい勉強もまた、必要です。

 

スポンサーリンク