人生わりかし後悔しています。

中学校のこと、高校のこと、中高一貫校のこと、大学のこと、大学受験のことなどの覚書をこのブログにまとめました。オススメの勉強法や私自身の失敗談なども掲載する予定です。

スポンサーリンク


予備校の小論文講座はどんなことをやるの? そもそも小論文って?

小論文講座でやることの(あくまで)一例

夏期講習も近いということで、予備校の小論文講座について書きたいと思います。AO・推薦入試や国公立の後期試験、あるいは一部の私立大学の一般入試では、小論文が課されます。文章や資料を読んで、または読まずに数百字〜千数百字の短い意見を書きます。普通の論文はそれよりはるかに長いので、小さな論文=小論文と言われるわけです。


この小論文試験自体の所要時間は長いのに、予備校の小論文講座は他の授業と変わらない時間で行われています。その中で解説もしなければならないとはどういうことでしょうか? これは、小論文講座特有の授業形態が関係しています。詳しくは以下で説明します。

 

(この記事では筆者が通っていたある予備校の例を使用しています。別の予備校では違う可能性もあります。)

 

 

 

小論文の問題

小論文試験では、トピックを与えられ、そのことについて意見を述べることを求められます。小論文を使って意見を述べることは学部での学問の基本になりますから、他の5教科よりも大事です。文章や資料(グラフや表)を読んで著者の主張を要約することも求められ、そこから自分の意見に繋げることが本題になります。

 

本題にあたる意見表明とその説明が厄介です。もちろん、資料自体にも説明は書かれていますが、ある程度の背景知識がないと自分の言葉で説明し直すことはできません。理数系の科目で、数や操作の内容が書かれていても、公式や定理がないと問題を解けないのと同じです。

 

小論文の組成

まず、序論として意見表明を行います。普通の論文では、序論で背景を説明し、意見表明することが求められますが、試験小論文では意見表明をするだけで構いません*1。次に、その意見を述べる根拠を文字数に応じて複数用意し、説明していきます。根拠と意見をまとめた上で、最終的に今後の展望や代替案を述べていきます。例えば、政策系の論文ではトピックの是非(文章に書かれた意見に同意するか、同意しないか)を示した上で、同意しないならどのような政策が望ましいかを書かなければなりません。


具体的な書き方

あまり政治的な内容にするとカタくなってしまうので、ありえない例を出しましょう。「人間とアニメキャラクターとの結婚を認めるべきである」という文章があり、受験者には要約をし、賛成か反対かを示した上でその理由を述べることが要求されています。


このとき、まず、「著者によれば、〜。」という形で要約します。その上で、「私は著者の主張に賛成する。幸福追求の観点から人間とアニメキャラクターの結婚は認められるべきである。」または「私は著者の主張に反対する。結婚は人間の男女の合意においてのみ行われるべきである。」というような意見表明を行います。それから、意見表明に書いた「幸福追求」とか「人間の男女の合意」というようなことを細かいポイントに分けて説明します。


最後には、主張を再提示し、主張を実現に持ち込むためにどうすれば良いか、あるいはその主張がどれだけ重要か(例えば、合計特殊出生率の低下などの統計値)を示します。もしくは、トピックに関する格言や聖典の文言を引用することも可能です。他にも締め方はありますが、この辺りが妥当でしょう。ただし、政策系の学部で聖書の文言を使って締めたら落ちると思います。流石に政策を示しましょう。

 

妙案はいらない

受験小論文で求められているのは全く新しい妙案ではなく、意見をまとめ、論理的に主張する力です。なので、思いつきでなんでも書いてしまうのではなく、先例に沿ったほうが無難です。つまり、全く新しいことを考えるのではなく、これまでに読んだ本や聞いたことなどの知識の引き出しから、根拠や主張をひねり出します。いくら斬新なことを書いても、文章がまとまっていなかったら意味がありません。

 

小論文講座の内容

では、どうすれば論理的な文章が書けるのか? それが予備校の小論文講座が教える部分です。小論文講座の内容は、少なくとも時間をまるまる使って小論文を書くことではありません。最初の時間、あるいは授業時間のほとんどを講評と解説に使います。前述の通り、小論文は背景知識がないと解けませんから、事前に、あるいは返却後に背景を説明する必要があります。なので、資料が用意されている場合は資料を交えながら、授業で使用したトピック(=その学問を志す上で知っておいたほうがよいこと)に関する解説がなされます。

 

いつ小論文を書くのか

小論文を書くのは、講義終了後の残り時間と授業時間終了後の時間です。講師が別の校舎に行かなければならない場合もあるため、タイムリミットが設けられます。逆に言えば、書き終わるまで帰れません。私がいた予備校の場合は、説明が終わると同時に講師は講師室に戻りましたが、質問は講師室で受け付けてくれました。


お察しの通り、時間内に書き終わるための練習はしてもらえないので、自分で時間を測って過去問に挑戦し、それを添削してもらうしかありません。休暇中の講習を受けているだけの生徒は受け付けてもらえるかわかりませんが、多分大丈夫です。書いた小論文は講師によって採点・添削され、次回の講義で返却されます。

 

講座の限界は

小論文講座では、知識や小論文の書き方を教えてくれますが、知識の組み立て方や増やし方までは教えてくれません。なので、参考文献を読み漁ることが求められてきます。これは、短期的には受験勉強の邪魔ですが、長期的には無駄になりません。本を読むにつれて読書に慣れてきますし、知識が増えて読みやすくなってきます。


それから、小論文を「暗記*2」してしまえば、「思考を停止しながら学問をする」という矛盾が生じます。テンプレートを覚えるのではなく、自分の頭の中に保存された情報と文章・資料を組み合わせて論文を書くことが求められるのです。仮に暗記だけで小論文を書いて合格しても、入学後に躓いたら意味がありません。

 

ICU対策になるか?

ICUの一般入試対策をしてくれる大手予備校はありません。ICU専門の塾や通信教育だけを受ける浪人生は塾通い(通信教育を受けている)の無職になります。だから、私は予備校の小論文講座で知識を蓄え、文章を読む力をつけました。私が受けた2011-2012年度の入試と試験の方式が変わっていますが、基本的なところは同じだと思います。仕上げぐらいは専門塾や通信教育に任せてよいと思いますが、全部をやろうとすると流石にリスキーです。


ちなみに、大手予備校の多くは専修学校なので学生扱いですが、塾は学校ではないので学生にはならず、定期券などの学割は使用できません*3。通信教育に関しても、ひとりで勉強できるか、予備校と掛け持ちできるかなど自分のキャパと相談して選択してください。

 

追記:学び方別のメリット・デメリット

予備校
  • 知識が手っ取り早く手に入る上、他の人の解答・模範解答も見られる。(逆に、自分の解答が周りの生徒の目に触れる可能性もある。)
  • 反面、講師との距離が離れがちで、受動的になりやすい。個別で面談するのは任意なので、受けたくなければ受けなくてもよいためだ。やはり、自分から怒られに行きたい人はなかなかいない。
  • 講師は基本的には週1回、または講習期間の講義日にしか予備校にいない。
  • 生徒は採点・添削に一喜一憂しやすい。模範解答という序列よりも、自分の小論文の完成度(合格に値するか)を気にしたい。
  • 本を読む場合は自腹で購入、または自分で公共の図書館に借りに行く必要がある。(読まなくても怒る人はいない。)

 

学校
  • そもそも小論文を書くための時間(予備校でいう小論文講座)があまりない*4。各科目の先生に言えばいつでも見てもらえるかもしれないが、その先生にとって負担になる。
  • 予備校の講師と違い、一度三者面談などで小論文のある大学に行きたいと言えば、その発言が自分に付きまとってくる。先生はあなたの事情を知っている。
  • 親しい間柄の先生に診てもらえるが、自分の書いたものに対する批評をマンツーマンで受けるのは、精神的に負担になるかもしれない。
  • 先生は出張や休みでなければ、だいたいいる。
  • 予備校のように講義で大まかな知識を得るのではなく、自分で本などを読んで、知識を手に入れる必要がある。

 

  • 比較的距離の近い先生に診てもらえるが、大学生・大学院生の講師は教授法のクオリティが低い可能性がある。
  • 塾長などの大人に診てもらえる場合でも、予備校ほどの確立したメソッドはないものと思われる。
  • 予備校のように模範解答や他の人の解答があるかもしれないが、絶対数は少ないし、質も保証できない。
  • 蔵書などが無料で借りられる場合がある。
  • 学生の講師は講義日にしかいない。塾長などであれば、基本的にいつもいる。

 

家庭教師
  • 他の生徒を抱えている場合もあるが、基本的にはあなたひとりについてくれるので、より密着してもらえる。
  • あなたひとりしかいないので、受動的になりづらい。普段から親の監視の目もある。(ただし、緊迫した雰囲気は作りづらい。)
  • マンツーマンで見てもらえるが、教授法のクオリティが低い可能性がある。
  • 指導日以外に診てもらうことは難しい。

 

独学
  • 誰にも怒られず、誰にも小論文を見られずに勉強することができる。そんなことができるはずはない。
  • 誰にも指導してもらえないので、添削の機会は模試ぐらいしかない。
  • どういう風に知識を得たらよいかわからない。
  • 全てを自分でやらなければならない。


完璧な方法などないので、できるだけ自分に合うものを選んでください。

*1:要約した上でという制限がある場合は、背景説明の代わりに要約をします。

*2:小論文は小学校の三角形の面積のように、決まった方法で答えを求める問題ではありません。特に、知識は文脈を汲み取ってから使いましょう。南北問題についての説明を求めているのに、ウェストファリア条約の成立から順々に説明していったら、確実に制限字数に収まりません。質問に合わせて必要な知識を選んで説明を組み立てましょう。

*3:学割が欲しければ、学校法人である予備校を探しましょう。休暇中の短期講習を受けている場合も学割はありません。

*4:課外授業という形式ならあるかもしれません。そこのところはわかりませんが、もしそうしたものがあれば、一部を塾として読み替えてください。この記事では個別指導になることを想定して書いています。

スポンサーリンク